戦車のプラモデルを作っている 6輌目 「タミヤ 1/35 巡航戦車 クロムウェル Mk.IV」

IMG_1612.jpg

IMG_1613.jpg

IMG_1614.jpg

IMG_1615.jpg

IMG_1616.jpg

IMG_1617.jpg

IMG_1618.jpg

IMG_1619.jpg

IMG_1620.jpg

IMG_1621.jpg

IMG_1622.jpg

IMG_1623.jpg

IMG_1624.jpg


ガルパン劇場版のクルセイダー(ローズヒップ車仕様)風のクロムウェル巡航戦車です。

ガルパン仕様のクロムウェルはいつか作ろうと思ってたので、ようやくって感じですね
今回はとてもスムーズだったのであまり言うことないですねー
このキット、信じられないくらい良く出来ていて組む上での問題は一切ありませんでした
ホントどの部分もピッタリ合わさるんですよ、寸分の狂いもなく

塗装も相変わらずスプレーですしね、汚しは精々足回りにバフ塗ったくらい
ドライブラシも一応やったけど、どうなんだろうね
青系の塗料を持ってなかったから、苦し紛れに汚れの表現も込みでブラックでやったんですが
やっぱ基本色より薄い色でやった方が綺麗に仕上がったのかな
これはこれで「ディティールを浮き上がらせる」という意味では効果あったと思ってるんだけど…

弾などが擦れて塗装が剥げたような表現とか試そうかとも思ったんですが
ガルパン仕様だと失敗したとき誤魔化しきれない気がしたのでやめときました



次はすでに購入済みのチーフテン…と思ってたんですが
今日プラモの道具を買い足しに行ったときに別の戦車を衝動買いしちゃったのでそっちを先に作ります


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「遺跡島と7つのまほう つよくてニャーゲーム」二周目完了

WS000077_20160522213006cf3.jpg

WS000078_2016052221300732e.jpg


ほぼやりきりました…
「到達マップ」の項目は、埋めません
あの膨大な広さのマップをただ虱潰しに歩き続けるのは、多分楽しくないです
このゲームは私の中では限りなく満点に近い完成度です、ここまで本当に楽しかった
だから今更最後の最後につまらない思い出を上塗りしたくないのです

しかし…前回語ったことを再度語るようでアレですが…
本当に良いゲームだった…雰囲気、操作性、ゲーム性、シナリオ、全部良かった…

懐かしき2D見下ろし型にドット絵、ただそれだけではなく当時(SFC時代)の空気を感じるんですよ
操作性もゼルダ、聖剣、ROを彷彿とさせて…それでいて不便なところは解消されてて快適
探索重視、でもコンプ要素やおふざけ要素もあって退屈しない、バランスの取れたゲーム性でしたし
シナリオも好みでしたよ、特に最後のマナを封印して回るところ
これまでの二人(と一匹)の軌跡を再度辿る旅、ニャルダを過去に戻せなくする旅、過去との決別の旅
色んな側面があります、それらが絡まってオッサンとしては心に響きましたよ…

私の中でのフリーゲーム大賞には今まで「Elona」「Ruina」「ざくアク」の三作品が並んでましたが
これからはこのゲームもそこに並ぶことになるでしょう、一生忘れないであろう名作です


テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

「遺跡島と7つのまほう つよくてニャーゲーム」の感想

WS000069_2016051917434292a.jpg

作者様HP: 遺跡島と7つのまほう - フリーゲーム開発室


最近ずっとプラモばっかりで、いい加減ゲームをやりたくなったのでやってみました
結果としては大当たりでした、子供の頃ってこんな風にゲームを楽しんでたなぁ…と懐かしくなります

感覚としてはSFC時代のゼルダの伝説・聖剣伝説シリーズに近いです
この意見は私以外からも多数見受けられるので大凡ハズしてないものだと思います
そして私はこの感覚の正体を「ゲームの世界を探検する楽しさ」だと思ってます
このゲームは最初から最後まで、殆どずっとそれを楽しむゲームです
「この道は何処に続いているのか」「そこには何があるのか」
そんな冒険の楽しさ、それが詰まってると思います

とは言えノーヒントで投げっぱなしというわけではありません、目的地くらいは教えてくれます
ただそこまでの道程は自分で探さなければいけません
マップは広大で、3Dゲームにありがちな「見えない壁」は殆どありません
複雑に絡み合ったマップを何度も何度も迷いながら道を開拓していきます
それが目的地への道か、別の場所への道かは分かりません、誰も教えてくれません
だからこそ目的地に着いただけで達成感があります、冒険をしてる気持ち良さを感じられます

これは前述したゼルダの伝説によく似てます
「次は○○の神殿に行く」という目的地は教えてくれても道程までは教えてくれない
地図を見ながら、時に迷いながら四苦八苦して道を進む冒険の楽しさです

他にもゲームを進めていくとギミックに作用する術を手に入れるところも似てますね
例えばゼルダの伝説でもパワーグラブを手に入れたら行けるところが格段に増えますよね?
序盤は行けなかったところも通れるようになったり、そういうのを思い出しながら各所を回ったり
このゲームにもそういう要素が山のようにあります
ゲームを進める度に行動範囲が広がり、最後まで冒険してる気分を保ったままプレイできます



WS000061_20160519192558ddf.jpg

他にも戦闘面やスキル・魔法の仕組み、UIなどとにかく上手く作ってます
F1~F12のショートカットが並んでる姿には馴染みがある人も多いんじゃないでしょうか
この辺りは基本的に聖剣伝説やROのものに近いです
なのでそちらのプレイ経験があれば取っ付き易いかと思います

まぁ回復アイテムに「まんまるドロプス」「ばっくんチョコ」などがあったり
敵が敵名のカードをドロップしたり、明らかに意識してると思います



ここまで色々書きましたが、とにかく面白いゲームでした
SFC時代のゼルダの伝説や聖剣伝説シリーズにハマってた人
ROに青春を滅茶苦茶にされたような人
そういう人達なら絶対楽しめると思います、是非一度プレイして貰いたいゲームですね


テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

戦車のプラモデルを作っている 5輌目 「タミヤ 1/48 M10 IIC アキリーズ」

CieJ0RbUYAAb_bg.jpg
CieJzAbUgAAA349.jpg
CieJzalVAAApiD2.jpg
CieJz03UYAAoPiq.jpg
CieK3BMUYAA8QIP.jpg
CieK3amUoAAKw1f.jpg
CieK30AUkAAoBYp.jpg
CieK4NKUYAkcgwT.jpg


いやーオープントップは強敵でしたね・・・

というわけで1/48 M10 IIC アキリーズ完成しました!超カッコイイ!
控えめに言って今まで作ってきた中では一番上手く作れました
色合いとか汚し加減とかほぼ狙い通りです、いやー前回が前回だけに嬉しいなぁ
内部の塗り分けは面倒な事この上なかったですが、完成した姿は実にカッコイイですねぇ…

まぁ上手く作れたと言っても反省点もいくつかありますけどね
たとえば内部の塗り分けが面倒だったので組んでから塗ろうとしたこととか…
こんな部品が密集した狭い砲塔内部を塗り分けられるわけないだろ!いい加減にしろ!
おかげで塗り分けがより大変になってしまいました
はみ出しまくりで修正が大変、次は先に塗ってから組みます(学習)

ついでに基本塗装も完成させてからやった結果、内部の隅には殆ど届きませんでした…
仕方ないので色が近いバフを塗りたくり、脳内では
「色が違うのは塗装が剥げたところを乗員が適当に塗ったから」
と自分自身を誤魔化してました、まぁ乾いたら思ったより目立たなかったので良かったです

あと転輪一個なくしちゃったんですよね
これはまぁ元々予備転輪を載せるつもりがなかったので、それの流用で問題はありませんでしたけど
予備がないキットでなくしたらと思うと笑えないですね…

最後にウェザリングマスターのススをノリノリで乗せたらちょっと乗せすぎた気がしますが
これはまぁカッコイイからいいかな
「これ何でこの位置にスス汚れ付いたんやろ…」
と思うようなところもありますけど、まぁリアル戦車の再現がしたいわけじゃないから多少はね?
本当は錆も乗せたかったけど、ススが終わった時点で思った以上に満足な出来だったのでやめました
機会があればやってみたいです



次はクロムウェルとチーフテンを買ってあるのでどっちかですかねー
チーフテンはガルパン劇場版のセンチュリオンみたいな色にしたいんですけど
あれって何色なんですかねー?黒寄りのグレー?そんな色のスプレーありますっけ?
クロムウェルならガルパン劇場版のクルセイダーみたいな色とかもいいかなー
せっかく買ったデカール全然使ってないし…ガルパン仕様ってことで

まぁとりあえず今はゆっくり休みます


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

戦車のプラモデルを作っている 4輌目 「ファインモールド 1/35 ガールズ&パンツァー サンダース大学付属高校 M4シャーマン」

ChqDaXOUUAAaJtY.jpg

ChqIkLsVAAAQDN-.jpg

ChqIggYVIAAwldF.jpg

ChqIiv7UgAAN8bi.jpg

ChqIiBCUUAEVnyY.jpg


ウェザリング駄目でした…(失意)
修正も上手く行かず、もう今回はこれで終わりで次頑張ろうと相成りました
あ、ちなみに車体上部と下部の隙間はこれまだ接着してないからです
失敗のショックが大きすぎて撮る前に接着することすら忘れてました

とりあえずウェザリングは軽いのから練習してくべきでしたね
ウォッシングまでは上手く行ってる実感があったんです、だからこそ調子に乗ったんですけど…
もっと言えば先に塗ってた履帯を汚しすぎたのも失敗かなぁ
それに合わせて車体も汚した方がいいかな~と思ったのも確かだし
仮に汚すにしても車体と同時にやらないと色変わっちゃうしね、実際これも色全然違うし

まぁ次は購入した資料に作例が載ってるものにします
1/48とか作ってみようかな


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
プロフィール

重い槍

Author:重い槍
 
飽きっぽいです
 
Twitter @omoiyari219

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク