スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロッコ問題 -倫理的思考実験-

ちょっと気になったので



トロッコ問題

「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という倫理学の思考実験。



と、まぁこれが「トロッコ問題」と呼ばれるものです
アニメとかマンガとかラノベによくある
「一万人の為なら一人を犠牲にしてもいいのかよ!」
を小難しくしたものだと思って貰えればおkです

何故こんな話をしたかというと、このトロッコ問題の記事を読んでいたら意外なアンケート結果が載っていたからです
まぁ手っ取り早くここにアンケートの質問と答えを載せちゃいましょう



以下の問題に「YES(許される)」か「NO(許されない)」で答えてください
なお全ての問題においてAさんは記述された手段以外では誰も助ける事はできません
またどちらを選んでも法的な責任は問われず、道徳的見解のみを考えて答えてください

①あるトロッコが制御不能になりました、このままだと線路の先に居る5人が確実に死にます
 ただしAさんが別路線にトロッコを引き込めば5人は確実に助かります
 その代わりに別路線の先の1人が確実に死にます
 Aさんは別路線にトロッコを引き込むべきか?

②Aさんは線路の上にある橋の上に立ってます、Aさんの横には太った人がいます
 その人を橋から突き落としトロッコにぶつければトロッコは止まり、5人は確実に助かります
 しかしその太った人はトロッコにぶつかった衝撃で確実に死にます
 太った人を突き落とすべきか?
 なおAさんが飛び降りても体重の関係でトロッコは止まらないものとする

③①の場合と同様にAさんはトロッコを別路線に引き込む事ができます
 ただし①とは違いこの別路線は5人の手前で再び本線に合流しています
 しかし別路線には太った人がいる為、この太った人にぶつかって止まり、5人は確実に助かります
 ただしその結果として太った人は確実に死にます
 トロッコを別路線に引き込むべきか?

④③の場合と同様にAさんはトロッコを別路線に引き込む事ができ、別路線は5人の手前で本流に合流してます
 別路線には大きな鉄の塊がある為、トロッコを別路線に引き込めばその鉄の塊にぶつかって止まり5人は確実に助かります
 しかし鉄の塊の前には1人の人がいて、この人は確実に死にます
 トロッコを別路線に引き込むべきか?



・・・どうでしょう?
ちなみに俺は全部YESです、超功利主義
「最大多数の最大幸福」というのにも全面的に同意です

気になったというのはこの回答の比率です
この問題は生物学者のマーク・ハウザーという方がアンケートを行い、5000人以上が回答したましたが・・・

①の質問に対して89%の人が許されると答えたのに対して、②の質問に許されると回答したのは11%
③の質問には56%が許されると答え、④の質問は72%が許されると答えた
この傾向には教育の程度、宗教的背景、民族などの影響がほとんど無かった


結構衝撃的だと思いません?
何故こんなにも差が開くのか、詳しくはwikiを読んでください
簡単に言えば①は「意図的に殺したのではない」が②は「意図的に殺してる」という事です

私は②も即決で「YES(許される)」を選びました
1人と5人、どちらかが死んでどちらかが助かるなら5人を助けます
その犠牲が「結果として」だろうと「意図的に」だろうと、単純にプラスマイナスでプラスの方を選びます

そういえば踊る大走査線で似たような話があったようななかったような
殺人の現行犯と引ったくりの現行犯、どちらかしか追えないとして事件を天秤にかけたくない、みたいな
ちょっと違うかもしれませんけど、これも倫理的に見てどちらを支持するかは意見の分かれるところかもしれないですね
ちなみに私は言うまでもなく「殺人犯を追うべき」です

貴方はこの問題、どう思いましたか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

重い槍

Author:重い槍
 
飽きっぽいです
 
Twitter @omoiyari219

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。